『平成23年度日本塑性加工学会「技術開発賞」受賞』
〜板成形シミュレーションの統合ソフトウェアJSTAMPの開発〜

2011-05-27
株式会社JSOL
エンジニアリング本部



株式会社JSOL(社名:株式会社日本総研ソリューションズ、所在地:東京都中央区、代表取締役社長:田邊仁一、以下JSOL)が開発したCAEソフトウェア「プレス成形シミュレーションシステム JSTAMP」が、社団法人 日本塑性加工学会と日本機械学会が共催する「平成23年度(第42回)塑性加工春季講演会」において、技術開発賞(一般)を受賞致しました。

「日本塑性加工学会 技術開発賞」は、塑性加工の分野において優れた業績または、独創性のある特定の技術および材料・機械・製品を開発した技術に、授与される賞です。

受賞講演
 日程: 2011年5月27日(金)
 会場: 早稲田大学 早稲田キャンパス国際会議場
 講演タイトル: 板成形シミュレーションの統合ソフトウェアJSTAMPの開発
 講演プログラム: http://www.jstp.or.jp/conf-prog/program2011s.html

今回の受賞は、「JSTAMP」の開発実績、1996年の発売以来、自動車・鉄鋼・電子機器・金型メーカーなど様々な分野で活用されていること、および日本企業の海外工場や、アメリカや、タイ、中国など諸外国でも活用されていることを高く評価いただいたことによるものです。
JSOLは今後も、CAE分野において長年培った経験・ノウハウそして最先端のシミュレーション技術で、お客様の「ものづくり」を総合的にサポートしていきます。




プレス成形シミュレーションシステム「JSTAMP」

JSOLが開発した、板材の成形シミュレーションの統合ソフトウェアJSTAMPは、コストや時間がかかる実材料を使用しての「金型試作」に代わり、各種の条件やデータを入力し、コンピューターによるシミュレーションで、金型試作を実施するためのソフトウェアです。
金型作成における、コスト削減・工期短縮などに役立てられています。




社団法人 日本塑性加工学会

塑性加工に関する研究発表、研究の連絡、協力および促進を図り、もって塑性加工に関する各術の進歩向上に寄与することを目的として、1961年3月に設立された団体です。

社団法人 日本塑性加工学会はこちら



株式会社JSOL

株式会社JSOLは、株式会社日本総合研究所から会社分割により設立されて以来、日本総研ソリューションズという名称で製造業や流通サービス業、金融・公共分野のお客様へ最適なITソリューションを提供するべく、ITコンサルティングからシステム構築・運用までの一貫したサービスで、お客様のIT投資効果最大化に貢献してまいりました。CAE分野では最先端のシミュレーション技術でお客様の「ものづくり」を支援してきました。2009年1月、株式会社エヌ・ティ・ティ・データとの業務・資本提携を機に、株式会社JSOLと社名を変更し、ITのトータル・サービス・プロバイダーとして、より広範かつ高品質なサービスを提供しています。



※ 本リリースに記載されている内容は予告無く変更することがあります。
※ 本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。

【ご照会先】
株式会社JSOL エンジニアリング本部
E-Mail:メールアドレス: cae-info@sci.jsol.co.jp



ページトップへ戻る
NTT DATAグループ日本総研