2011-09-29
プレス成形シミュレーションシステム JSTAMP/NV Ver.2.6 をリリース


2011年 9月29日、プレス成形シミュレーションシステム JSTAMP/NV の最新版(バージョン2.6)をリリースしました。
ユーザー・サポートページ(認証あり)にて、ソフトウェア及び関連ドキュメントをダウンロードいただけます。



JSTAMP/NV とは

JSTAMP/NVは、われ・しわ、スプリングバックなどの予測と対策、ブランク、トリムライン展開などに最適な、弊社が開発するプレス成形シミュレーションシステムです。ソリッド要素を使用した深絞り解析やバーリング加工解析、熱構造連成解析(ホットフォーミング)機能など豊富な解析機能を標準パッケージで提供しています。有償オプションの金型見込み機能は大変ご好評をいただいています。



JSTAMP/NV Ver.2.6 リリース情報

JSTAMP/NV Ver.2.6 は、「解析の高速化」をひとつの大きな柱として開発をいたしました。V2.5 に引き続き、ご要望を反映した機能も多数搭載いたしました。

「解析の高速化」は"解析パラメータセット"機能が中心となって実現されています。この機能では、精度・速度のレベル(高速/標準/高精度)を選択するだけで、解析パラメータが一括設定されます。解析専任者以外の方でも、効率よく計算を実施することが可能です。


主な搭載内容
  1. プリ:解析パラメータセット機能 (目的別解析パラメータ一括設定)
    • 推奨パラメータ設定済みのプロジェクトテンプレートのご提供
  2. トリムラインの自動補正機能
  3. 金型見込み(有償オプション)機能の改良
  4. HYSTAMP バージョンアップ (トリムライン展開と2次曲げ部ブランク展開の精度向上)
  5. 延性破壊評価モデル(MAT282) と吉田-上森モデル(MAT287) の標準対応
  6. プリ:スプリングバック解析における拘束条件の自動設定
  7. プリ:板厚方向応力考慮シェル (決め押し、強当ての再現性向上)
  8. プリ:オートポジショニング機能の改善
    • ブランクの送り・回転量指定
    • カム工程のツール位置あわせ
  9. プリ:部分解析機能(大規模モデルの金型一部変更時の計算時間短縮)
  10. プリ・ポスト処理の高速化
  11. その他の機能追加、改良
    • ブランクメッシュサイズに応じて解析パラメータを自動調整する機能
    • 再解析ダイアログにおけるトリムラインの入れ替え
    • 材料データ 13種追加(SEC 7種、SPC 2種、SUS304L、アルミ合金 3種)
    • LS-DYNA V971 R5.1.1 の同梱


本件に関するお問い合わせ先

JSTAMP/NV に関するお問い合わせは下記アドレスまでお願いします。
メールアドレス: cae-info@sci.jsol.co.jp





ページトップへ戻る
NTT DATAグループ日本総研