JSTAMP/NV 製品情報

機能と特徴


われ・しわの予測(ダッシュアッパー事例)

ダッシュアッパー部品の解析結果と実トライ結果の比較事例です。
データ提供:株式会社ジーテクト殿


われ予測

下死点におけるわれ発生位置(2箇所)が、シミュレーションで的確に予測されています。(解析結果は、板厚減少率コンター表示)


解析結果   トライ結果
解析結果 実トライ結果


しわ予測

下死点手前付近における解析結果と実トライ結果を比較すると、リアルなしわ形状がとらえられています。


解析結果しわ   トライ結果
解析結果 実トライ結果



PageTop

われの予測(フードインナー事例)

フードインナーに関し、解析とトライとの結果を比較してみました。解析結果によると下死点において ヒンジ取り付け部の板厚減少率が30%を超えることがわかり、われが予測されました。これに対し実際 のトライにおいても同じ箇所でわれが発生することが確認されました。プレス条件・ダイフェースの変更などの対策検討時には、再解析支援機能を利用して、素早く・容易に繰り返し解析・比較が可能です。



解析結果   実トライ結果
解析結果 実トライ結果





PageTop

ブランクライン展開(ブランク形状の予測)

  • 製品形状からブランク形状を高精度に予測
  • プレス製品の材料歩留まり検討に有効

ブランクライン展開



PageTop

トリムライン展開(トリムラインの予測)

  • 製品形状とダイフェース形状からトリムラインを予測
  • HYSTAMP(逆解析ワンステップ法)によるトリムライン展開では、中立軸を考慮した高精度展開が数分で計算可能
  • LS-DYNA(増分法ソルバー)による詳細解析後に、自動トリムライン補正機能でさらに精度を上げることが可能

トリムライン展開



PageTop

スプリングバック予測





PageTop

高精度スプリングバック予測(吉田・上森モデル)

話題の“吉田・上森材料モデル理論”をベースにした高精度スプリングバック解析モジュール搭載可能

  • バウシンガー効果、徐荷ヤング率の塑性ひずみ依存性を考慮しての解析
  • ハイテン材にも対応

吉田−上森材料モデル
吉田−上森材料モデル



PageTop

スプリングバック評価

自動形状評価機能

  • 拘束条件に関係なく3 次元スプリングバック量を均一に測定・評価
  • 多様な位置あわせ機能
    ベストフィット、三点拘束、三軸合わせなど
  • 多様な計測機能
    断面角度、円弧半径、形状誤差などの測定

自動形状評価機能



PageTop

スプリングバック見込み

スプリングバック予測結果から、見込み金型CADの作成が可能

CAD面作成機能


CAD面作成機能 誤差 1mm以内の面積率が50%程度から90%以上に上昇

Numisheet2005 benchmark#2
材質DP600 t=1.0mm
見込み金型による寸法精度改善効果

見込み金型による寸法精度改善効果



PageTop

多工程解析支援機能(直感的でわかりやすい条件設定)

  • 工程設定の簡素化
    • 「プロジェクトテンプレート」に従った簡易な入力方式
    • 設定が必要な項目をナビゲーション表示

  • 多工程設定
    • 一括前処理による連続自動実行
    • 多工程マネージング

工程設定パネル

工程設定パネル


プロジェクト管理パネル
  • 面倒なバーチャルトライアウト管理も簡単に記録
  • トライアウト条件変更内容を容易に確認
  • 一目で見渡せる解析結果管理

プロジェクト管理パネル



PageTop

再解析支援機能

設計検討を繰り返し行う際、より簡単にすばやく行えます。成形性不具合の対策として数値パラメータだけでなく、ブランク位置やサイズ変更など、解析結果を検討しながら編集することができます。また、設計変更条件の比較一覧表示機能など、ユーザーニーズを反映した使いやすさを追及した機能が充実しています。リモートソルバー連続実行機能を併用することにより、MPPクラスターなどを利用した解析ができ、多工程解析の自動再解析を容易に行うことができます。




PageTop

豊富な材料データベース

ハイテン材を含むスチール材、アルミ材各100種類以上の材料データベースを標準で提供します。また試験結果からのデータも付属しています。初めてCAEを導入される方でも、すぐにシミュレーションが始められます。




PageTop

材料データベース階層化管理

マスター材料データだけでなく、ユーザー独自の材料データを扱われる方のために、材料データを階層化して管理できます。






ページトップへ戻る
NTT DATAグループ日本総研